【Kindle初出版の手引き】第5回 Pagesで縦書き小説のepubファイルを作る方法

もしあなたがMacユーザーなら、ぜひPagesで原稿を書いてほしい。それがKindle出版というゴールへの最短ルートになるかもしれない———。

kindle 出版 自作小説 kdp epub 縦書き 表紙 独学 自宅

こんにちは!未都聖子です。

自作小説を出版した経験をもとにKindle出版の方法をご紹介する連載『Kindle初出版の手引き』は前回の記事で最終回を迎えましたが、重大な事実に気づいてしまったので、再び筆を執ることとなりました。

実は私、Macを使用しています。Macに標準搭載されている文書作成アプリといえば『Pages』です。このPagesを使えば、さらに簡単にKindle出版ができることがわかったのです! そこで今回はMacユーザー向け、「Pagesで縦書き小説のepubファイルを作る方法」をご紹介します。

それでは、スタート!

目次

Pagesでの小説原稿の作り方

縦書き文書を作る

まずはPagesを開きましょう。テンプレートを選ぶ画面が出ます。

kindle 出版 pages 自作小説 kdp epub 縦書き 表紙 独学 自宅

「基本」の中にある「空白(縦書き)」を選びます。これで簡単に、縦書き文書の作成を始められます。さっそく原稿を書き進めてください。

目次を作る

kindle 出版 pages 自作小説 kdp epub 縦書き 表紙 独学 自宅

このように原稿を書き始めていくわけですが、このままでは「目次」ができません。そこで、目次の行の先頭にカーソルを持っていき、文書の右側にある「本文」と書かれたところ(段落スタイル)から「見出し」を選択します。

kindle 出版 pages 自作小説 kdp epub 縦書き 表紙 独学 自宅

そうすると章タイトルが大きくなります。

kindle 出版 pages 自作小説 kdp epub 縦書き 表紙 独学 自宅

文字サイズやフォントを調整したければ、右側の「フォント」の欄から好きなものを選びましょう。この状態で文書の先頭を見てみると…

kindle 出版 pages 自作小説 kdp epub 縦書き 表紙 独学 自宅

自動的に目次が作成されます。「目次」などの文字の入力もできます。

ちなみに、Pages上では目次の章タイトルの下にページ番号が振られます。数字が横向きになっているのが格好悪いですが、Kindleになるとページ番号は表示されないので、気にする必要はありません。

改ページ・改行を入れる

体裁を整えるために、改ページ改行を入れていきましょう。章が変わったときなどにページを改める際は、Pagesの画面をアクティブにした状態で、メニューの挿入>ページ区切りで簡単に設定できます。

kindle 出版 pages 自作小説 kdp epub 縦書き 表紙 独学 自宅

改行については、Enterキーで改行としたものが、epub変換時にも改行として認識されます。

縦書き用の細工をする

感嘆符やアルファベットを縦向きにする

縦書き文書作成で困ることのひとつが、アルファベットを一文字ずつ縦向きにしたいのに、横向きになってしまうこと。でもPagesなら簡単です。半角ではなく全角で入力する必要があるのですが、全角にすることで縦向きになります。

「‼︎」や「⁉︎」も変換で縦向きにできるのですが、別のアプリからコピペした場合など、横向きになる場合もあります。例の文書の場合は半角「!」が2つあるという状況なので1つずつ全角に変換する方法が1つ。

もう1つの方法として、該当の文字列を選択した状態で、メニューの編集>変換>横方向に回転、とすれば…

kindle 出版 pages 自作小説 kdp epub 縦書き 表紙 独学 自宅

縦向きになります。

kindle 出版 pages 自作小説 kdp epub 縦書き 表紙 独学 自宅

例では自動的に半角2文字から全角1文字に変わります。ただし何でも縦向きにできるわけではなく、半角1文字だけを回転することはできません。複数の文字を選択して、まとめて回転はできます。

セリフが上に飛び出す問題について

第1回~第4回で紹介してきた方法では、セリフの行が不自然に上に飛び出すという問題がありました。ところがPagesからepubに変換すると自然な見た目になり、何もしなくてもこの問題も解決します。

epubに出力する

小説が書き上がったら、epubに変換します。Pagesにはなんと、epubへの変換機能があるのです。メニューからファイル>書き出す、と進んでいくと「EPUB」があります。

kindle 出版 pages 自作小説 kdp epub 縦書き 表紙 独学 自宅

ここをクリックすると、

kindle 出版 pages 自作小説 kdp epub 縦書き 表紙 独学 自宅

このような画面が出るので、必要事項を記入、設定します。

タイトル・作成者

小説の情報の通り入力しましょう。

表紙

KDPの説明では文書に含めないよう記載があるので、「表紙なし」を選びます。

レイアウト

小説の場合、デバイスに合わせて見た目を調整してくれる「リフロー型」にしましょう。

カテゴリ

選択できますが、何に効いてくるのかわかっていません。選択しなくても出版はできました。

言語

小説に合わせて選択しましょう。

その他

「目次を使用」にはチェックを入れ、「フォントを埋め込む」は小説の場合は必要ないと思いますので、私はチェックをはずしています。

「次へ」をクリックし、ファイル名や保存先を指定して書き出します。KDPで入手できるKindle Previewerで開いて確認してみると…

目次が作成され、セリフが不自然に飛び出すこともなく、見慣れた電子書籍の見た目になっています。これにて、Pagesを使ったepubファイルの完成です!

まとめ

縦書き小説のKindle出版用epubファイルを、Macの『Pages』で作成する方法をご紹介しました。Pagesなら普通の文章の感覚で執筆し、簡単にepubファイルに変換できます。微調整をするのであれば、Sigilなどのepub編集アプリを使って修正する必要がありますが、ごくシンプルな文書であればPagesで十分でしょう。Macユーザーはぜひお試しくださいね。

あなたの執筆のお役に立てますように!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる