【Kindle初出版の手引き】自作小説をKindleで出版する方法

小説投稿サイトで、誰かに読んでもらえたら、それでよかった。しかしあるとき、ふと、こんな想いがよぎった。

「自分の小説を、確かな『作品』として世に出したい」

『幻想ひまわり』は、そうした欲に駆られて生み出されたのであった——–。

はじめまして! 未都聖子です。2019年4月にKindleで小説を初出版した、新米小説家です。

『幻想ひまわり』Amazon販売ページ

電子書籍は読む専門だった私が自作小説を出版した経験をもとに、Kindle出版の方法をご紹介する記事を連載することにしました。題しまして、『Kindle初出版の手引き』

やり方さえわかれば実は簡単なKindle出版。この連載は、とりあえず出版してみたい!というあなたの軽い気持ちに寄り添います。

それでは、スタート!

Kindle出版までの道のり

Kindleで小説を出版するために、私、未都聖子の場合、大きく分けて4つの段階を踏みました。

1 原稿を書く
2 表紙を作る
3 電子書籍のファイル形式に変換する
4 KDPに登録する

念願の出版を果たした今も、電子書籍について、実はいまいちよくわかっていません。

しかし無事、Amazonに並べてもらえましたし、いくばくかの印税も入手できました。

ご紹介する方法がベストでないことは薄々気づいておりますが、この方法で出版できたのもまた事実。

あなたのKindle出版に向けて、何かの参考になるはずです。

『Kindle初出版の手引き』連載の内容

第1回
まずは小説を書こう!後々役立つ『ヒミツの目印』の入れ方

使用したツールや、後になって地味に役立つ『目印』についてご紹介します。

『小説の書き方』ではありません。あしからず。


第2回
小説の顔・超重要な表紙はKeynoteやPowerPointでカンタン作成

私はKeynoteで作成したので、Keynote版・表紙の作り方を具体的に解説します。

表紙を作ることができる無料サービスもご紹介します。


第3回
電子書籍ファイルをラクラク作成!神ツール『でんでんコンバーター』の使い方

電子書籍のファイル形式であるepubファイルを超カンタンに作成できる、インターネット上で無償公開されている『でんでんコンバーター』についてご紹介します。


第4回
KDPに登録してKindleを出版しよう!

KDP(Kindleダイレクト・パブリッシング)の登録手順と、出版に必要な情報についてご説明します。ついにKindleが出版されます!

あなたのKindle出版を応援します

次回より、全4回の連載として、Kindle出版に向けた手順を、ひとつずつご紹介します。

あくまで私の場合ですので、参考までに。もっと良い方法もあるはずです。だから責任は一切負いません。

が、あなたのKindle出版をひっそりと応援しておりますので、精一杯お伝えします。お楽しみに!