自作曲で全世界デビュー!デジタル・ディストリビューターとは

自分で作曲をしたら、ぜひ誰かに聞いてもらいましょう。友人? 家族? いいえ、届ける先は『世界』です。あなたの曲をシングルやアルバムの形にして、Apple MusicSpotifyなどで、全世界に向けて配信する方法をご紹介します。

目次

あなたの曲があの有名ストアに並ぶ!?

前回の記事では、DTMでの作曲に欠かせないDAWソフトを選ぶポイントと、初心者におすすめのソフトをご紹介しました。

そこからいきなり配信!?と驚かれたかと思いますが、ぜひこの段階で知っていただきたい理由があるのです。

インターネットSNSの普及により、私たちは日々の思いや信念、自身のコンテンツを、以前よりずっと簡単に、世界に向けて発信できるようになりました。

音楽だって同じです。良いと思った曲やアーティストをシェアするだけでなく、自分で作った曲を全世界に公開できるようになりました。

今や、Apple MusicSpotifyといった、超大手の音楽配信サイトで、個人が作った曲を配信できる時代です。

自分で作曲した曲を、シングルやアルバムの形にして、有名アーティストの曲と一緒にストアに並べることができるだなんて、すごいことだと思いませんか?

そうは言っても、自分で作った曲を配信するなんてピンとこない、CDにするなんて夢のまた夢……初心者だったら、そう思うのが普通です。

しかし、いつか配信できたら、CDにできたら、という可能性はモチベーションに繋がります。

挫折することなく曲を完成させてほしい、そんな願いから、今回の話題をこの『DTM超入門』シリーズの序盤にご紹介させていただくことにしました。

こんなものがあるんだな、と、気軽に読んでいただけたらと思います。

デジタル・ディストリビューターとは

DTMで曲を作ったら、音楽として聞けるように、『WAV』『MP3』といったお馴染みのファイルに書き出します。

そのファイルをもとに音楽配信サイトに登録するわけですが、世の中にはApple MusicSpotifyAmazon Prime MusicLINE MUSICAWA ……と、数多くのサイトが存在し、ひとつひとつ契約するのは大変です。

そこで助けになってくれるのが、デジタル・ディストリビューターという、登録を代行してくれる業者です。

デジタル・ディストリビューターを利用すると、一度にたくさんのストアで、曲を配信することができます。

たとえば、United Parts of Myselfのアルバムは、下記リンク先をご覧いただくとわかる通り、とても多くのサイトで配信されています。

> 配信サイト一覧

利用しているデジタル・ディストリビューター『TuneCore』です。そこでこの記事では、TuneCoreを例にして、音楽配信とはどのようなものかを簡単にご紹介します。

> TuneCore

音楽配信ってどういうもの? TuneCoreの場合

何ができるの?

まずはもちろんのことですが、多くの配信サイトを通じて、自分の曲を配信することができます。

TuneCoreの場合、その規模はなんと、世界185ヶ国以上TuneCoreに楽曲を登録するだけで、地球の裏側の知らない誰かに、自分の曲を届けることができる準備が整うのです。

楽曲が配信されると、下の写真のようなアーティストページも作られます。

United Parts of Myselfのアーティストページ

また、配信サイトを一覧で表示させてくれるので、リスナーがどの音楽配信サービスを利用していても、すぐに自分の楽曲に導くことができます。

LinkCore(配信サイト一覧)


登録から配信にかかる日数は、最短2日です(配信までかなり日数のかかるディストリビューターもあります)。

必要なものは?

いたってシンプル、楽曲ファイルジャケット画像、以上です。

ファイル形式は、楽曲ファイルは『WAV』、ジャケット画像は『JPG』または『PNG』です。サイズなどの詳細はヘルプセンターに明記されているので、迷うことはありません。

かかる費用は?

1リリースあたりで利用料が決まっており、アルバムシングルか、また配信期間によって金額が異なります。配信期間を長く設定するほどお得です。

2019年7月現在のTuneCoreの利用料はこちらです(金額は税抜き)。

配信期間シングルアルバム
1年間1,410円4,750円
2年間2,650円8,560円
3年間3,790円12,370円

配信以外にどんなサービスがあるの?

別途手数料がかかりますが、シングルやアルバムを実物のCDとしてAmazonで販売できるようになるサービス(DOD (Disc On Demand)受託サービス)や、自身の楽曲がYouTube動画で第三者に使用された際に収益をあげられるサービスのほか、新譜リリース時にストアで紹介されやすくなるサービスも始まりました。

いろいろな形で、よりたくさんの人に曲を届けることができる環境が整っているのも、デジタル・ディストリビューターを利用するメリットのひとつです。

こちらの写真は、DOD受託サービスを利用して作成したUnited Parts of Myselfのアルバムです。ブックレットをつけることができ、ケースやディスクのデザインも自分で決められます。

Amazonで1枚から注文できます。プレゼントや自身の記念としても。

下記リンク先のように販売されています。

Piano

Piano

10 min Background Music

10 min Background Music

収益は?

TuneCoreでは、手数料を除く100%を収益として受け取ることができます。曲が購入された場合はもちろん、ストリーミングで再生された場合も収益となります。

購入や再生の状況をレポートとして確認でき、一定の金額以上になると登録口座に出金することができます。

以上、TuneCoreのサービス内容を簡単にご紹介しました。

デジタル・ディストリビューターにはたくさんの業者があり、それぞれに特徴があります。お金をかけずにリリースしたい、すぐに配信してほしい、高音質の状態で登録したい……など、自分の目的に応じて選ぶと良いでしょう。

作曲するなら全世界配信を目指しましょう!

せっかくDTMで作曲するなら、全世界配信を目指しましょう。曲は、誰かに聞いてもらってこそ価値が生まれます。

世界のどこかで自分の曲購入されたり、再生されたりするのは、言葉にできない感動体験です。ぜひあなたも、デジタル・ディストリビューターを利用して、世界デビューを果たしましょう!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる