【目指せ!小説家】第9話 小説が完成したら、どうすればいい?

連載【目指せ!小説家】第8回では、書いた小説をもっと良くするための「推敲」の工程について解説しました。

第9回は、完成した小説をどのように扱えば良いか、どうすれば実際に出版されるのかを説明します。

小説 書き方 入門 初心者 出版 印税 新人賞 スカウト 小説投稿サイト

はじめに

推敲も終えて、ついに小説が書き終わりました。実際にどれくらいの時間がかかったかに関わらず、一本の小説を書き終えるためには、多大なエネルギーを消費したことでしょう。

それだけの労力をかけて書いたものですから、できることならの形になって書店に並んでくれると……欲を言えば、印税収入なんていうものが貰えると嬉しいですね。

今回は、完成した小説をどのように扱えば良いか、どうすれば実際に出版されるのかを解説します。

新人賞か、スカウトか

完成させた小説を出版するためには、出版社と出版契約を交わして本の形にしてもらい、書店に並べてもらう必要があります。

そのためには、新人賞を通過するか、WEB上の小説投稿サイトにてスカウトされるかの2通りの道があります。つまりは、賞に応募するか、WEBで公開するかの2択なわけです(あくまでも、出版を目指す場合)。

小説の出版を狙う場合、基本的には書き始める前から、予めどちらで攻めるかを決定しておくことになります。なぜなら、この両者というのは最終的に『小説が出版される』というゴール以外は、まったく異なるものだと言っても差し支えないからです。

新人賞には新人賞の戦略が必要ですし、小説投稿サイトには投稿サイトなりの戦略があります。

とりあえず数多の新人賞に応募して、投稿サイトにも掲載してスカウトを待ってみる……そうやって広く構えてみる姿勢を否定するわけではありませんが、よほどの傑作でもない限りは、無為に書かれた作品はどこにも引っかかりません。

完成させた作品というのは、時に自分自身よりも大事な宝物です。そんな大事な小説を、何の考えもなしに公募へ出したり公開したりするのは、あまり利口であるとは言えません。

誰にも読んでもらえない、なんていうことが無いように、両者の特徴と性質を理解して、より良い結果にするべく、戦略を立てておきましょう。

新人賞に出してみよう

新人賞に作品を応募して、大賞を獲って小説家デビュー。なんともわかりやすいサクセスストーリーですね。

それでは、大事な作品を新人賞に応募するときは、いったい何に注意すれば良いのでしょう?

出版社等が主催する小説の新人賞は、それぞれホラーやミステリといったジャンルの指定があるのはもちろんのこと、『こういった作品が受賞しやすい』という傾向がある場合があります。

たとえば歴史小説の賞なら、「この賞は精確な歴史考証を重視する傾向にある」という具合です。

つまり、それぞれの新人賞には求められる『作品像』があります。これとあまりにズレた作品を応募してしまうと、選考段階において正しく評価されない恐れがあります。

こういった状況を俗に、『カテエラ(カテゴリーエラー)』と呼んだりします。極端な話、児童文学の賞に官能小説を送るべきではないのです。

新人賞を本気で獲りに行く場合は、各新人賞の傾向と特徴を分析し、書き始める前から確とした戦略を練っておく必要があります。

たとえそれを考えないで書き上げてしまったとしても、自分の作品に合った新人賞がきっとあるはずです。

大事な作品をしっかりと評価して欲しいならば、新人賞についてきちんとリサーチして、必要ならば少し作品を微調整してから……の方が良いでしょうね。

小説投稿サイトからデビューするには?

近年では『新文芸』とも呼ばれるWEB発の作品が、出版業界で大きな市場を形成しています。

これに伴い、かつて多くの人が趣味で作品を投稿していた小説投稿サイトは、いまや小説家としてデビューするための現実的な窓口として機能しています。

投稿サイトに小説を公開し、何らかの形で出版社の目に留まると、向こう側から出版交渉を持ちかけられる場合があります。

しかしこちらの場合も、何の策も無しに公開するのはあまり利口であるとはいえません。投稿サイトの攻略は、基本的に『いかに注目を集めるか』という部分にかかっています。

小説投稿サイトはランキング形式を取っている場合が多いので、まずはそのランキングで上位を獲り、より多くの人の目に触れることを考えましょう。

投稿サイトによってその方法は異なりますが、業界最大手の『小説家になろう』においては、『ジャンル』『タイトル』『あらすじ』『投稿頻度』が要になってきます。


『小説家になろう』における重要項目

重要度項目備考
ジャンルファンタジーが支配的ですが、幅広いジャンルに出版のチャンスがあります。
タイトルキャッチーでわかりやすいタイトルが好まれます。
あらすじあらすじにおいて、その作品がどのように面白いかをアピールする必要があります。
投稿頻度 1日1回以上の投稿に優位性があります。

投稿サイトの攻略は新人賞の選考とは性質が異なりますので、このような独自の攻略方法が存在します。

せっかく作品を投稿しても、こういった攻略方法を知らないと、すぐに有象無象の山に埋もれてしまうでしょう。投稿するサイトの傾向に合わせて、作品のアピール方法を調整する必要があります。

さあ、作品を投稿してみましょう。タイトルは……『闇夜に吠える』? 新人賞に応募するならば、このタイトルでも問題ありませんが、WEB上で公開する場合は、もっとわかりやすいタイトルにした方が良いですよ!

おわりに

このように、新人賞に応募する場合と小説投稿サイトで公開する場合は、注意点が異なります。

せっかく書き上げた小説ですから、最後まで気を抜かずに、送り出す直前まで微調整してあげましょう。

ほんの少しのリサーチが、ほんの少しの調整が、あなたの作品の明暗をすっかり変えてしまうかもしれませんよ。