【目指せ!小説家】連載スタート!

小説を書いてみたけれどうまくいかない、自分には才能がないんだ……そんなふうにお悩みではありませんか?

うまく書けないのは、方法を知らないからかもしれません。

そこで、そんなあなたのお役に立つべく、小説の書き方・超入門として、『目指せ!小説家』と題した連載をスタートします!

小説の書き方に正解はある?

小説の書き方には、実は、正式な規格というものはほとんど存在しません

ただし、一般的に良しとされる立場や、世界中で倣われている優秀な手法・間違いの少ない構成などは存在します。

ですからこの連載では、規格がない中でも、可能な限り一般的とされる情報に主眼を置いて、小説の書き方をご説明いたします。

連載『目指せ!小説家』全体構成

この連載では、小説執筆初心者に向けて、全10回で小説の書き方をお伝えします。

そもそも小説とは何か?という部分から出発し、まずは小説を構成する基本要素について解説します。

そこから、小説が「完成する」という状態から逆算して、着想し、プロットを立て、キャラクターを創造し、小説としてのテキストを構築するための手法(文章作法・人称・構成)を説明します。

併せて、小説執筆の基本的な教本、シナリオライティングに関する代表的な書籍を紹介します。

また最後に、小説を書く「目的」に合わせて、取った方がよい基本戦略や、執筆に対する考え方を紹介します。


第1話 小説とは?
第2話 小説を構成する要素(本文・ストーリープロット・キャラクター)
第3話 小説を書く手順(着想・プロット立て・キャラクター作り・執筆)
第4話 物語を着想する
第5話 物語を作る
第6話 キャラクターを創造する
第7話 本文を執筆する
第8話 書いた小説を、もっと良くするためには?
第9話 小説が完成したら、どうすればいい?
第10話 小説家になるには?

この連載で得られるものとは?

連載を最後まで読めば、小説執筆に関わる基本的な知識技術目的別の執筆の道筋が総合的に網羅できます。

余計な知識を入れることで、オリジナリティが失われるのでは、と心配されるでしょうか。しかしオリジナリティとは、土台を作った上でこそ、その存在を示し、輝くのではないでしょうか。

もし今、小説の執筆で少しでもお悩みなら、この連載がお役に立てるはずです。ぜひ最後まで目を通していただき、あなたの執筆活動に活かしていただけたらと思います。

【目指せ!小説家】第1話 小説って、なに?